2011年04月30日

ホウ酸の安全性

セルロースファイバーはホウ素系薬品で難燃処理をしています。
ホウ素系薬品とは一般的に殺虫剤、除草剤、目薬、消毒液等に使われ、人体への毒性はほとんどありません。


ちょっと調べてみました。




急性毒性試験に基ずく安全性

実験動物に薬物を与え5割が死ぬ量、半数致死量(LD50)を求めます
LD50の数値が低い方が毒性は強いことになります。(少ない量で半数が死ぬ)
LD50は体重1kgの数値です。ちなみにLD50はLethal Dose 50%の略です。

ホウ酸   経口LD50=3000r/s〜4000r/s
                    体重60kgの人では一度に180g〜240g体内にはいると危険です

身近なものでは
食塩    経口LD50=3000r/s  体重60kgの人では一度に180g
砂糖    経口LD50=30000r/s  体重60kgの人では一度に1.8kg
カプサイシン(唐辛子の辛味成分)
      経口LD50=60r/s   体重60kgの人では一度に3.6g
カフェイン 経口LD50=175r/s  体重60kgの人では一度に10.5g
ニコチン  経口LD50=50r/s    体重60kgの人では一度に3g
水道のクロロホルム
      経口LD50=900〜2000r/s        一度に5.4g〜120g

よってホウ酸の毒性は食塩と同等だと言えます。



壁に入った断熱は日常生活で手で触れることはありませんし、
ホウ酸は水に溶けにくいため気化することもないので安全です。


                           




                                 藤原でした


posted by minipomp at 21:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

デコス

デコス担当の藤原です

当社ではコンクリート圧送業の他、セルロースファイバーを使用した断熱施工業務もしています。

セルローズファイバーは新聞紙をリサイクルした断熱材で
もとは天然の木質繊維です。
木質繊維のセルローズファイバーは、自然が作り出した繊維が絡み合って出来ていて、この繊維の絡み合いの空気の層と、繊維1本1本の中に自然の空気胞も存在しています。この空気胞で熱や音を伝えにくくしています。
さらに木質繊維特有の吸放湿性で、適度な湿度を保ってくれます。

施工は専門の技術者が定期的に開かれる勉強会や技術競技等で腕と知識を向上しているため、技術者は責任を持って施工いたします。

断熱のことならミニポンプへ

K邸施工しました
20110412172721.jpg20110411074533.jpg
20110325105755.jpg

posted by minipomp at 20:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

配管交換

ポンプ車の配管交換作業中
定期的に点検して交換しています。
  DSCF3031.jpg
  
    
     
posted by minipomp at 17:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

メンバー紹介

左から、川崎、吉松、黒木、高田、藤原、5人のオペレーターです。
 宜しくお願いします。
IMG_0990.jpg




posted by minipomp at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

ブログを始めました よろしくお願いします

ミニポンプの黒木です。
これから頑張ってみんなで更新していきますので、よろしくお願いします。

メンバー紹介は順番にしていきます!!

kuroki.JPG
posted by minipomp at 11:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。