2015年06月28日

梅雨対策A

  梅雨時季、湿度が高くジメジメと過ごしにくい日々が続き気分も晴れず不快感や体調にも悪影響が及びます。
 
 一般的に日本人が感じる快適湿度
冬  40〜50%
夏  50〜60%

  梅雨時期の湿度は80%以上で、快適とは程遠い環境です。
  その逆にカビやダニにとっては最適な環境化で、気温20〜30℃湿度60%を超えると活動が活発になり、又よどんだ空気がただよう場所に有機物などがあると繁殖をし、その影響で人はハウスダストによりアレルギーやアトピーなどを引き起こす場合もあります。

湿度が高い日はエアコンなどで湿度調整をするのもいいのですが、湿度を40%未満の場合ウイルスの生存率が高くなりなったり、肌や目が乾燥しやすくなりますので、湿度調整は50%前後に保つようにするのが健康で快適な環境を作れると思いますのでご参考に!

藤原でした。


posted by minipomp at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。